キズなおしま専科と大工さんの修復箱使ってみた

ワックスがけをしたいんだけど、その前にしなくてはいけないもの。

それが、床の修復作業。

3歳と6歳の子供がいる我が家では、日々、床の傷や凹みが出来ております(涙)

ま、一番目立つ穴を開けたのはワタシなんだけど^^;

そのままでは、ワックスをかけても、きれいに仕上がらないので、ふさぐことに。

もちろん、主人がいない間の職人はワタシで~す!

色々調べてみて、クレヨンで傷を隠すタイプは穴には不向きということで、
ハウスボックスの大工さんの補修箱(シェラックつや消しセット)という、付属のスティックを溶かして流し込んで固めることで、穴を目立たなくさせるものにしました。

キズなおしま専科と大工さんの修復箱口コミ感想・効果や評判

ホットナイフを使って、熱で溶かして流し込むだなんて、人生初めての経験なんだけど、出来るのかワタシ?!

傷なおしま専科と、大工さんの修復箱という2つのもので悩み、作業が簡単そうな大工さんの修復箱にしたんだよね。

ホットナイフと格闘しながら作業を進め・・・

およよ?意外と上手にできたんじゃないのかい?!

左が修復前、右が修復後です。
キズなおしま専科と大工さんの修復箱口コミ感想・効果や評判 キズなおしま専科と大工さんの修復箱口コミ感想・効果や評判

流し込んでできた余分なものを削り取る形なので、ワックスが少し剥がれてしまったけど、どうせワックスをかけなおすので、気にしなーい。

じっくり見たらわかるけど、パッと見分からなくなったので良かった^^

ハウスボックスの大工さんの補修箱(シェラックつや消しセット)

ランキング
人気コスメblogランキング

↓ ランキングご協力お願いします ↓
人気コスメブログランキング
ピックアップ情報
SNSでシェアする
フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です